無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

電話
シルク
俺、どうにかしてたわ
探すよ。
ンダホ
それでこそ
ぺけたん
Fischer'sの
マサイ
リーダーっすよね
萩花
うん。
モトキ
まずどこにいるか分からないし、近くから探そう。萩花はどこにいるか分からないでしょ?
萩花
聞いてない。
でも、わたしLINE持ってるよ。
だけど、もし探してるってバレたら
もう連絡する手段無くなるかも。
ンダホ
そっか。
萩花
でも、今日朝いちの飛行機で
ほかの県にでも行くっていってた。
シルク
朝イチでここの近くの空港で
出てる飛行機は
もう出ちゃってるみたい。
マサイ
それってどこ行き?
シルク
もう4便くらい出てるんだけど、
北海道、沖縄、大阪、宮城行き。
ぺけたん
どこだろ。
モトキ
あなたの思い出の場所とかないの?
萩花
北海道。
ンダホ
え?
萩花
北海道。あなたの実家がある。
もし、あなたの
両親が引っ越してなければ
北海道に行くかもしれない。
シルク
そこな電話することは出来ない?
萩花
一応出来るけど、朝はやいから
出ないと思う。

1時間後
プルプルプルプル
お母さん
📞もしもし
萩花
📞もしもし、朝早くすみません。萩花です。
お母さん
📞あ、萩花ちゃん!?!元気?!
萩花
📞はい。とても元気です。あの、今日あなたがそちらに帰るとか電話来てませんか?
お母さん
📞着てないわ?どうして?