無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

けんか
シルク
うるせーよ!
いえねーもんは言えねーんだよ!
あなた

シ、シルク?

やばい。泣いちゃう。
あなた

ご、ごめん。
でもそんなに怒ることないじゃん!

「走り去る」
シルク
くそ。

((泣かせちまったよ。俺なにしてんだ。))




あなたside
あなた

逃げてきちゃった。
シルクに怒鳴っちゃった。
どうしよう。嫌われたら。

萩花
✉あなた?
あなた

✉んー?

萩花
✉走って家に入ってったのみたけどどうした?
あなた

✉怒っちゃった。

萩花
✉だれに?
あなた

✉シルク

萩花
✉会って話せる?
あなた

✉うん

萩花
✉んじゃコンビニ集合で


~コンビニ~
あなた

しゅーかー(´;ω;`)

「抱きつく」
萩花
よしよし。どうした?
あなた

シルクが好きな人いるって言うから、聞き出そうとしてシルクの体ゆらゆらさせてたら、「うるせーよ。言えねーモンはいえねーよ」って。

萩花
そっかー。
あなた

萩花は誰だと思う?

萩花
((私知ってるけど笑笑))

私も聞いたことないんだよね。
あなた

そっか。

シルク
あなた!萩花!
あなた

な、んで。。

萩花
んじゃ私帰らなきゃ。
あなた

え、まってよ萩花。

「追いかけようとする」
あなた

え?

「手首を掴まれる」
シルク
まてよ
あなた

なんでよ。用はないから

((なんでこんなことしか言えないの?))

シルク
俺はあるよ。だから待て。
あなた

なによ。

シルク
今日、怒鳴ってごめん。
俺が悪かった。
言えないなら言えないなりにちゃんと説明とかするべきだった。
ほんとごめん。
あなた

シ、ルク。いいよ。

シルク
ありがとう。

家まで送るよ。