無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

お別れ
萩花
いよいよだね。
あなた

萩花と離れるの嫌だよ(´;ω;`)

萩花
私達離れてても幼馴染みは変わらないし、親友ってのも変わらない!LINEも繋がってる!もちろんシルクやマサイたちも!
あなた

う、うん。(´;ω;`)
あ、これみんなに渡してほしい。
月曜日、放課後みんなをいつもの公園に呼び出して渡してほしい。お願いね?

萩花
うん。
お母さん
ほらーあなた。いくわよー。
萩花ちゃん。今までありがとね。
メールでやりとりしてあげてね?
萩花
はい。おばさん。
あなた

バイバイ(´;ω;`)

萩花
バイバイ(´;ω;`)


「バンッ。ブーン」←車の音に聞こえない笑笑






~月曜日~
シルク
おはよー!
ンダホ
おはー!
ダーマ
んー
モトキ
あれ?シルクと萩花、あなたは?
シルク
あ、そうえば。萩花?
萩花
・・・
ぺけたん
どーした?
萩花
放課後、公園に来て欲しい。みんな。
マサイ
全員?
萩花
うん。
シルク
わかった。



~放課後、公園~
萩花
集まってくれてありがとう。
これ、あなたから。
「一人づつに手紙を渡してく」
萩花
ンダホは2枚。
((ンダホ、私からの手紙だから。))
ンダホ
へ?
萩花
あれ?
シルク
どーした?
萩花
いや、なんでも。
((私の分の手紙もある。))

とりあえずみんな、読んで