無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

手紙((んだほ))
ンダホ
(2枚ある。とりあえずこっちから。)

んだほへ。

んだほってなんて言うのかな。予知能力?とか
出来たよね。私が転ぶ五分前に「あなた。この道であなた絶対転ぶから掴まってて。」って笑笑
掴まってたけど転んじゃったよね笑笑
あとは、一人で公園で泣いてた時とか「嫌な予感して来てみたらあなたが泣いてたから・・・」って。
すごいよね。
私がもし将来またみんなに会える時
んだほは予知して「あなたがくる!」とか言い出すのかな?笑笑
あ、あとこの前言ってたよね。
「いつか俺たちでっかいことする気がする」って
例えば?って聞いたら「YouTubeに動画あげる」って
マサイと3人で話してたよね。私が将来あいにいけるように動画あげてくれる?
自分勝手かもだけどグループ名私が決めたい!笑笑
『Fischer's』とかどう?
寒くても暑くてもいつでもあの土手の川で泳いでた。
魚みたいでしょ?だからFischer's。

いつかまた会えるといいね。
あ、最後に。
んだほ秋花のこと好きって言ってたよね。
きっといつかその恋叶うと思うよ。

んじゃね

あなたより。
ンダホ
予知ね。多分するよ。
動画も出してやる。
Fischer'sな。いい名前だな。

恋が叶う・・・。
だったらいいけどな(泣)
ありがとな。






もう1枚の方読もう。


んだほへ

んだほ。急で悪いんだけど。










ずっと前から好きでした!
きっと叶わないと思ってます。でも
こうしないと次の恋に勧めないから。
だから振られてもいい覚悟です。

返事待ってます。

秋花より。
ンダホ
しゅ、秋花?

振るなんてしないよ。
俺だって大好きだもん。

あなたが言ってたこと当たったわ。