無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

手紙((秋花))


秋花へ

私の大好きで大事な幼馴染み。
どこにも行かないでね?離れないでね?
北海道いってもずっとずっと大好きだよ!

あ、あと、LINE、みんなにはあげないでね。
みんなのことはブロックするからね。
あ、内緒で笑笑

あ、来年の夏出かけようよ!
海とか?二人で!
ほんとは全員で行きたいけど・・・

あとね、シルクに私告白したんだ。手紙で。
返事は聞けないけどちゃんと伝えられてスッキリした😊次の恋にすすめるといいな!

あ、秋花んだほのこと好きでしょ?
告白したらきっと叶うよ。
きっとだけどね?笑笑

んじゃ来年会おう!アデュー

あなたより
萩花
離れたくなかったのなんか、わたしもだよ。
私も大好きだもん。

叶う?だったらいいけどね・・・。
ンダホ
秋花・・・
萩花
((涙をふく))

な、なに?んだほ
ンダホ
手紙の返事
萩花
うん。
ンダホ
((秋花に抱きついてキスする。))
萩花
え?
ンダホ
俺も。ずっとずっと出会った時から大好きでした!
よろしくお願いします
萩花
ん、だほ・・・
シルク
なんだよラブラブだな笑笑
マサイ
悲しい時に
モトキ
いちゃいちゃしないでよね笑笑
萩花
よろしくね。んだほ(ボソッ)
ンダホ
うん😊