無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

忘れられない
「ガチャ」


そこに居たのは・・・
あなた

Fischer'sさんですよね!
大ファンです!

やっぱりFischer'sがいた笑笑
そりゃそうか。Fischer'sの楽屋だもんね笑笑
リアルでみるとやっぱりあの7人にみえる。
シルク
え?
あなた

え?何か変なこと言いました?笑笑

萩花
あなた。そろそろ気づきなよ。
ごめんねみんな。わたしシルクたちに言ってなかったね。
あなたが来ること。
あなた

えっと。どゆこと?

萩花
いつまであの7人をFischer'sに重ねてるのさ。
信じたらいいじゃない。あの7人だって。
あなた

ってことは。シルクたちなの?

シルク
お、おん。あなた。久しぶりだな。
ンダホ
んっと状況が・・・
ぺけたん
お、おれも。
あなた

(泣き出す)

マサイ
お、おい!泣くなよ。
ダーマ
・・・
モトキ
あなた。約束果たせたね。
ザカオ
いつか会うため。
マサイ
お前が、俺とンダホの手紙に「Fischer's」って名前で動画をだして、それでいつか私がみんなのところに帰ってこれるようにしてね。って。だからあの次の日から俺らは動画をあげることにした。
あなた

わ、わたしね。ほんとにみんながあげてくれるって思ってもなかった。急に消えて理由も言わず手紙だけで別れ告げて。だからみんな怒ってたよね。起こってると思って私のことなんてわすれてると思ってた。

シルク
おこってる。
怒ってるよ!
怒ってたけど忘れられなかった。
あなた

だよね。シルクの言うとうりだよね。だからかェ))

シルク
(腕を引っ張って引き寄せる)
だから次は離さねぇ。
手紙の返事させろ。
お前はまだ俺のこと好きなのか?
あなた

す、好きです。

シルク
あの返事。付き合おう。
おれも大好きだった。今でもずっと。
いくら忘れたくても忘れられなかった。
ぺけたん
あなた。シルクねあなたのこと忘れられなくて家に引きこもったことあったんだ。
萩花
そのときはわたしもほんとにあなたにLINEして引き戻そうと思ったの。
ダーマ
それで秋花とモトキとシルクんちに行ったんだ。
モトキ
「今あなたに連絡する?」って秋花がいったら
アイツに心配かけたくねぇって。その日からまた動画を再開することにして学校にも来るようになった。
ザカオ
それで今に至ります笑笑
マサイ
おれに「離れててもFischer'sの一員だよ!忘れないでね!」って言ったの誰だよー!笑笑
あなた

わ、わたしです笑笑

シルク
よし、また1からやり直そう。
モトキ
うん!
ンダホ
円陣くもう!笑笑
シルク
Fischer'sファイッ
全「オォーーーーーーーーー」