無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

萩花
そういうこと・・・
あれから少しして落ち着いて、
さっきあったことを
秋花にすべて話した
あなた

わたし最近、シルクに避けられてるような気がしてたの・・・

そう。
最近シルクが変なのだ。
出かけたいって言っても、ごめん用事がって。
家に行ってもいい?って言ってもダメって
今日の遊園地でもあのジェットコースター以外は
ずっと秋花と一緒に乗ったりしてたし。
あなた

シルク私のこと嫌いになったのかな(泣)

萩花
わーわー!泣かないで!
きっと理由があるんだよ・・・
あなた

そうかな・・・
やっぱり私が勝手に引っ越したりしたから・・・

秋花said
萩花
そんなことないよ!大丈夫
あれだけシルクは待ってたんだから。
シルクが冷たくする理由
私はわかる・・・
シルクはあなたに____
あなた

うん・・・
わたし、明日シルクとすこし
話してくるよ・・・。

萩花
そうするといいよ。
ほら。ねよ?疲れたでしょ
あなた

うん・・・