無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

いない?
シルクsaid
シルク
んーもうこんな時間なの
ぺけたん
おはよ。
マサイ
おーはー 
モトキ
おはよう。
ンダホ
ねむい。
マサイ
珍しい起きたね。
ねぇ、萩花は?
モトキ
あっちの部屋。
ンダホ
俺行ってくるー
コンコン
ンダホ
はいるよ~
萩花
来ないで!
みんなが一斉に扉をみた。
ンダホ
どうした?
萩花
いいから。
ンダホ
んーも。はいるから!
ガチャ
萩花
来ないでって!
ンダホ
萩花?なんで泣いてる?
あれ?あなたは?
萩花
・・・
シルク
おい!これ!
みんなFischer'sのLINEグループみろ!
そこには・・・
あなた

📨シルクへ。また消えてごめんなさい。プロポーズ嬉しかったです。ほんとならずっと二人で幸せに暮らしたかったけど、それが無理なのは私にはわかってます。いつか逢えたらその時は私を手放して。

ンダホへ。んだほ!ちゃんと萩花を幸せにして!

マサイへ。もっともっとカメラに詳しくなって、Fischer'sに役立てていってね!

ぺけたんへ。ぺけはご飯を食べて!笑笑

ダーマへ。ゲームのプロになってね笑笑

ザカオへ。シルクの身長こしてよ!笑笑

モトキへ。いつでもその笑顔でみんなを幸せにしてね!

萩花へ。いつでもどこでも優しくて、時には叱ってくれて。そんな萩花大好きだよ!いつもありがとう。私の心の中の親友だよ!


みんなごめんね。迷惑しかかけてなくて。また勝手に消えて。でもそれが一番っていう結論になったの。次は探さないでね。私はどこかで幸せに生きるから。

またね

LINEグループは退会になっていた。

そしてあなたのLINEもなくなっていた。