無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

気持ちは?
※口悪くなるかも!
萩花
あった・・・
あの写真をみて皆がずっと探してくれた。

3日かかってシルクが見つけたんだ
シルク
頑張ってよかった。
マサイ
とりあえずさ、モトキと萩花、行ってきて
萩花
おけ
ピ-ンポ-ン
あなた

はーい!って萩花?!

萩花
ごめんね。急に来て
あなた

え、モトキ・・・

モトキ
急に来てごめんなさい。でもどうしても話したいことがあったの。
あなた

と、とりあえず上がって

あなたsaid


家の中
あなた

そ、それで、ほかのメンバーは?

萩花
外にいるよ。
でも急に8人も押しかけてきたら
びっくりするでしょ
あなた

・・・。で、話したいことって

モトキ
なんで出てったかは聞いてる。
萩花
ごめん。言っちゃったんだ。
あなた

萩花・・・

萩花
ほんとにごめん。
あなた

ねぇ。シルク達呼んできて。

モトキ
いいの?
あなた

はなしたい。

数分後
シルク
あなた。
あなた

シルク・・・

シルク
また俺たちおいてくのかよ。
また、俺の前から勝手に消えんのかよ!

お前の気持ちは十分わかった。
けど、俺らの気持ち、
少しでき考えたことあんのかよ!
あなた

ご、ごめんなさい。

シルク
俺は、俺らわ、
お前が必要なんだよ!
お前がいなくなったら
何もできねーよ!
俺はお前が好きなんだよ!
大好きでしょうがねーんだよ!
シルク
だから、だから余計に
心配で、話したくねーんだ。
泣きながらそう叫ぶシルクを見て

私はどれだけサイテーなのことをしたか
後悔してもしきれないくらい
自分が憎くなった
あなた

ほんとに、ごめんなさいっ。