無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

どうする?
萩花
かえろ。
あなた

えっ?

萩花
みんなでまた笑い会うためにさ?
ンダホ
どっか、東京じゃない
空気のきれいな場所に
引越ししない?
シルク
え?
萩花
ずっとだほちゃんと相談してたんだ。
もしあなたを見つけて
戻ってきた時に病気で時間が無くても
最後まで楽しめる場所で
1からやり直すって。
ンダホ
でも、みんながみんな
そこに行けるわけじゃないし
俺だって秋花だってすぐには
引越しとかできない。
萩花
できるだけ早く引っ越せるように
私、ちょっとずつ
仕事終わらせといたんだ
あなた

そこまで考えてくれてたんだ・・・

シルク
俺しらなかった
マサイ
おれも
モトキ
おれも
ぺけたん
おれも
ダーマ
おれも
ザカオ
おれも
あなた

帰りたい。帰りたいよ。
でもね、みんなに
急に会えなくなるのは嫌。
だったら最初から
いなかったことにした方が
楽だと思ったの。

ギュッ
あなた

秋花?

萩花
そんな事言わないでっグスッ
あなたは、あなたは、
いつまでも生き続けるんだよッグスッ
ギュッ
あなた

シルク・・

シルク
そうだよ。
お前は永遠に
生き続けるんだッグスッ
周りを見ればみんな泣いていた