無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2018/07/26

第4話

お楽しみと班行動と好意
今日はみんなが待ちに待った遠足の日である
高校生なのに、小学生のように前日寝れなくて目の下にくまができてる人もいた。
桃井 菜子
たのしみだね! 遠足!
石動 幸子
おう!
虎洞 竜也
行先どこだっけ?
東堂 春美
もう忘れたの?
プリントにも書いてあったわよ、
行き先は東京でしょ。
虎洞 竜也
あー!
そうだ東京!
石動 幸子
何忘れとるん笑
一番楽しみにしてたのお前やん笑
虎洞 竜也
そうだった笑
と、くだらない話をしていると
高速道路に入り、最初のサービスエリアに
到着して、トイレ休憩となった
そして、トイレを済ませ
自販機で、飲み物を選んでたら
桃井 菜子
えい!
石動 幸子
あ! 何してんだよー!
桃井 菜子
悩んでたから、私のオススメ押したのよ!
石動 幸子
こんのー!
と、いつものトークとじゃれ合いをしていると後方からすごい視線を一瞬感じた
振り向くと誰もいなかった