無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

392
2018/08/07

第8話

テヒョン×ポッキーゲーム
放課後.テヒョンに呼び出され

テヒョンの教室に行ってみた.
テヒョン
テヒョン
あなた〜‼
テヒョン
テヒョン
やっときた〜 こっち来て?
なんでそんな上目遣いでいちいちかわいい顔してみるのかなぁ
あなた

ごめんごめん HR長引いちゃって

あなた

それより他のみんなは?

テヒョン
テヒョン
なんかみんなでカラオケとか言って行っちゃったよ😁
あなた

テヒョンは行かなくてよかったの?

テヒョン
テヒョン
うんッ.それよりあなたとしたいことあったから
あなた

したいこと?

テヒョン
テヒョン
じゃーん!
と言ってテヒョンが出したのは…



ポッキー?
あなた

ん?なんでポッキー?

テヒョン
テヒョン
これであなたと“ポッキーゲーム”したいなぁって
ヒヒッとわらう四角い口はすごく可愛い
テヒョン
テヒョン
ね?いいでしょ?
押しに弱いわたしは
あなた

…ぅん

と了承してしまった
するとテヒョンは嬉しそうにポッキーを箱から出して自分の口にくわえた
テヒョン
テヒョン
ん.
と待っている。


わたしも勇気をだして反対側のポッキーをくわえてみた
くわえてみると意外と近くてドキドキする…




カリッカリッとテヒョンが噛んでいくからわたしも少しずつ噛んでいくと


ポッキーの甘い味が口に広がる
時々合わせてくる目に頬が赤くなるのが自分でもわかる
そしてだんだん距離が近づいてくる。



あと3cm.1cm.…0






さっきしたポッキーの味よりテヒョンとキスをした味が甘い気がした…。