無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,029
2017/10/24

第1話

ナムジュン×嫉妬
あなた

…ただいま

ナムジュン
ナムジュン
おかえり
わたしは今日高校の友達と遊びに行ってて、
帰ってきたらもう23時。。。

ナムジュンは優しいけど心配症だから、怒られる覚悟で帰ってきた。
あなた

ごめんなさい!こんなに遅くなっちゃって…

ナムジュン
ナムジュン
心配したよ…連絡もないし、、、でも、あなたが無事で良かった😌
あなた

やっぱりナムジュンは優しいね

ナムジュン
ナムジュン
そーでもないかもよ?
だって、今日男もいたでしょ。
あなた

えっ?う、うん

ナムジュン
ナムジュン
なんで男とこんな時間まで一緒にいるの。
あなた

…ごめん。

ナムジュンが怒ってる?こんなナムジュンはじめて見た…

あなた

ほんとごめん。なんでもするから!だから…もう怒らないで?

ナムジュン
ナムジュン
怒ってないよ。ただ…
あなた

怒ってないの?!
よかった…

あなた

え、ただ?

ナムジュン
ナムジュン
嫉妬しただけ…((ボソッ
すごい小さい声だったけどわたしにはちゃんと聞こえた。

嫉妬なんてする人だと思ってなかった…
だから、なんか嬉しい😊
あなた

フフッかわい

ナムジュン
ナムジュン
なっ!か、かわいくないもん
それより、あなたにはお仕置きが必要だね😏
あなた

え?お仕置き??

てか話そらしたな笑
ナムジュン
ナムジュン
うん…何にしようかなー
ナムジュン
ナムジュン
そうだ!いつも俺からだから今日はあなたからキスして?
かわいい…💗

てか返事する前に目つむってるし笑
ナムジュン
ナムジュン
んっ…
あなた

これで、いいですか?((上目遣い

ナムジュン
ナムジュン
かわいすぎ…
あなた

んっ…っ…

何度も角度を変えてキスしてくる。。。

苦しい。って言ってもやめてくれない。


今度は舌を入れてきて…
あなた

んっ…や、めて…

ナムジュン
ナムジュン
結局あなたが可愛すぎて俺からやっちゃったじゃん笑
ナムジュン
ナムジュン
次こんな夜遅くに帰ってきたらこれ以上のことするからね?
あなた

わかった…気をつけます…

ナムジュン
ナムジュン
じゃあもう寝よ?
あなた

うん!

やっぱり優しいナムジュンでした。