無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

355
2018/08/08

第9話

ジョングク×ゲーム
わたしは、ある賭けをしようと思ってる。
それは





グクにゲームで勝ってアイスクリームを買ってもらうことだ!!!!!!!
ごめん。ちょっと暑さであたまおかしくなってたわ
ま、そゆことでグクにゲームを申し込んだ🎮
あなた

グク〜

ジョングク
ジョングク
まって今いいとこ…
こうやってゲームしてるときは冷たいけど終わったらちゃんと構ってくれる
ジョングク
ジョングク
ごめ.どした? こっちおいで
と自分の足の間をたたいた
わたしはこの位置が恥ずかしくて慣れないけどグクはよくそこに座らせる
あなた

しつれいしまーす…

あなた

てか暑いのになんでくっつくの?

ジョングク
ジョングク
ん?俺がくっつきたいから
あなた

…ばか

ジョングク
ジョングク
あなた顔赤くなってる笑笑
あなた

暑いからだもん!

ジョングク
ジョングク
はいはい
しばらくそのままで後ろから腕を回されたりして
ゆらゆら揺れていると
あなた

あっ!そういえば!

あなた

グク!

ジョングク
ジョングク
ん?
あなた

ゲームしよ?

ジョングク
ジョングク
いいけどなんで?
あなた

いいからいいから!

ジョングク
ジョングク
…わかった。なにするの?
あなた

ん〜、、、

あなた

先に暑いって言ったほうが負け!

普通のゲーム🎮じゃあきらかに負けるから誰でも平等にできるゲームにした



…小学生みたいってのは言わないお約束♡←
ジョングク
ジョングク
じゃ罰ゲーム決めよ
あなた

負けたほうがアイス買う!!

ジョングク
ジョングク
おっけい やろ
と始まり、


普通の話やデートの話などしていた。



わたしが危なくなることもあったけど↓
あなた

ジョングク
ジョングク
あ?
あなた

あっ。のどかわいたなぁ〜

…危ない。
そんなこんなでお昼だから節約でエアコンもついてないし途中で扇風機も壊れちゃってもうふたりとも限界。
そしてグクが諦めがついたのか
ジョングク
ジョングク
〜っあっつい!もうアイスでもなんでも買ってやる!
ちょっと暑さで狂っちゃった😛
あなた

やった!コンビニ行こ!

と無事アイスが買ってもらえました🍦♡