無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

コ ン サ ー ト 。
まさかのアリーナの1列目。


感動でもう出てくる前から涙。


そして始まってからも夢のような時間が続く。


大好きな知念くんからファンサ。


嬉しさのあまり口パクで
あなた

ありがとう

と言ってしまうほど。笑
















その頃JUMPは…。


楽屋にて。
知念侑李
涼介!!1列目にめっちゃ可愛い子いるんだけど!!
山田涼介
ちぃ可愛いな。アピールしてみたら??
知念侑李
もちろんするよ!!
なんて言いながらコンサートは幕を閉じた。


しかし私は警備員さんに呼び出された。


迷惑行為でもしたのだろうか____。