無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

準 備 。
知念くんからのLINEから1週間。


準備をして待ちかえた1週間。


朝、知念くんが私の家まで車で来てくれるらしい。


楽しみにしていた。


すると…

















ピンポーン。
あなた

はーい!!

飛び出して行った。


そこには大好きな知念くんが。


私は思わず抱きついた。
知念侑李
あなたちゃん!?
あなた

会いたかった!!

知念侑李
ずっと一緒だからね??
あなた

うん!!

知念侑李
じゃあ行こっか。




そう言いライブ会場近くのホテルへ向かった____。