無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ラ イ ブ。
1人の楽屋は寂しかった。


スタッフさんは廊下を走りぬけ、メンバーは舞台。


音は聞こえるけど広い部屋にいると寂しい。














30分くらいたったとき一筋の涙が…


それをスタートに溢れてくる涙。
知念侑李
みんなー盛り上がってるかー!
あなた

ゆうりくん…グズッ…あいたいよ、

机の下に潜りこみひたすら泣いた。


終わるまでひたすら泣き続けた。














やっと終わってJUMPが帰ってきた。
知念侑李
あなたちゃーん??
知念侑李
あれ??いない。
山田涼介
あなたちゃんいないの?
中島裕翔
あなたちゃんどこー??
私はある場所でひたすら泣いていた。


JUMPは見つけたのか____。