無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

本 当 の 僕 。
知念侑李
寝ちゃってる。かわいいッ
まだまだしたい。


僕の欲望は抑えられなかった。


あなたの股を開かせ、ゆっくりといれていく。
知念侑李
んんっ…
起こさないように声を出さないように動かしていく。
知念侑李
んっ…んっ…
部屋には重なりあう音と、僕の息が響いている。


そう思うとさらに抑えられなくなる。
知念侑李
ぁんっ…んんっ…
あなたも感じているのか気持ちよさそうな顔をしている。


それを見るともう限界だった。
知念侑李
んんっ…ぁぁん!
確実にさっきより多く出た。


僕は抜かない。


さっきよりきつくなったのがさらに気持ちよかった。
知念侑李
あなたちゃんごめんね…
そして激しく動かしていく。
知念侑李
んんっ…んっ…
それに気付いたのかあなたが起きた。
あなた

知念くんっ…ああんっ…

僕は無視するように続けた。
知念侑李
んんっ…あんっ…
あなた

はげしいよ…んっ…

あなた

んんっ!!

知念侑李
ぁぁん!!
二人同時に達した。


僕はそっと抜くと。


ドロッと入りきらなかったのが溢れてきた。
あなた

寝てる間にするのはずるいよ…

知念侑李
ごめんね?
あなた

うん

まだまだやりたいんだけどなぁ____。