無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

と り こ 。
知念侑李
じゃあもう1回やろっか。
あなた

えっ!?

知念侑李
じゃあ入れまーす!
あなた

んんっ…

私は知念くんの言いなりだ。


断りたい所だか理由もない。


もう知念のとりこだ。
あなた

知念くん…??

知念侑李
ん??
あなた

動かないの?

知念侑李
動いてほしいの?
あなた

そう言う訳じゃ…

知念侑李
あなたちゃんからやってみてよ。
困ったもんだ。


私から?


すぐいっちゃうような気もするがするしかないよね。


位置を交代してゆっくり動かしていく。
あなた

んっ…んっ…

もっと、もっと。


知念くんのがほしい。


頑張って腰を揺らした。
あなた

んっ…ぁんっ…

知念侑李
きもちぃ…
気持ちよくなりたい。


気持ちよくさせたい。


激しくしたい。
知念侑李
あなたちゃん…はげしっ…
あなた

んっ…あんっ…

知念侑李
いきそっ…
あなた

ああんっ…!!

知念侑李
んっ…!
二人はまた達した。
あなた

んっ。

知念くんのものが入ってきたのがわかった。


熱くて、気持ちいい。


やっぱり私は知念のとりこ____。