第51話

~番外編~part1
2,512
2018/10/21 12:07
遊園地の日の冬馬たちです!

覚えてない方は読み返してもらえると
思い出していただけると思います。

番外編変なタイミングですよね…。
それに、少し長いかも…。

それでも、楽しんでもらえたら嬉しいです!
それでは、どうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陸斗(リクト)
陸斗(リクト)
冬馬、ありがとな。
今、ちゃんと桃と一緒にいるから。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
あぁ。なら、良かった。
俺もそろそろ帰るか。
ここにいる意味ないしな。

あの後、玲奈は逃げるように帰っていった。

あいつ、あんなやつじゃなかったのに。

昔の性格のままだったら、陸人は普通に
玲奈を好きになってたんだろうな…。

それだったら、俺は…。

いいや、違う。
昔のままでも桃をえらんだかもしれない。
桃も。きっとあいつを選んだ。

バスに乗ったものの、
そのまま家に帰る気はなれなかった。

冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
家の近くの公園でも行くか…。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
今頃、桃たちはダブルデート中…か。
私は家から少し離れた公園にいた。

なんか、外に行きたい気分だった。
風に当たりたい気分だった。

桃は、陸人くんのことが好き。
陸人くんもホントはきっと、桃が好き。
だけど、冬馬くんも桃のことが…。

でも玲奈ちゃんがいるんだよね…。
いっそのこと桃と陸人くんが
くっついてくれれば…。

そしたら、冬馬くん、冬馬くんは…!

私って、いつからこんなひどい人に
なっちゃったんだろう。

好きな人の恋応援できないなんて。

あ〜、むしゃくしゃするなぁ。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
あっ、桃ちゃん?
なんで…ここに?
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
えっ、冬馬くん??
こんな格好、冬馬くんに見られたくなかったな。
それに、こんな顔も。
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
冬馬くんこそなんでここに?
今日は…その、
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
まぁ、色々あってね
ハハッと、笑う冬馬くんの顔は少し寂しそうで
ギュッと胸が痛くなった。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
家から少し離れてるでしょ?
なのになんでここに?
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
まぁ、
そういう気分だったから…かな?
しばらく沈黙が続いた。
だけど二人とも、何か話さないと!
と思うことはなく、まるで1人しかいないような。そんな、時間を過ごしていた。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
桃ちゃんって好きな人いる?
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
えっ、えっと…
いきなりの言葉にびっくりした。
だけど…
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
うん、いるよ。
きっと振り向いてもらえないような。
そんな、恋。
今なら素直に言える気がして。

気づかれるかな?
気づいてくれないかな?
少し期待をのせた、そんな言葉をいった。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
そっか、俺と同じかな?
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
桃…ね。
冬馬(トウマ)
冬馬(トウマ)
なんか、乃愛ちゃんには話したいな。
乃愛(ノア)
乃愛(ノア)
えっ
そう言って、冬馬くんは今日あったことを
全部話してくれた。何もかも。

午前中の話なのに、遠い昔のことを話して
いるような。
数分のことなのに、長い時間のような。
そんなふうに思えた。

プリ小説オーディオドラマ