プリ小説
一覧へ

第1話

たらこ唇
普段から僕の唇についてバカにしてくる奴がいる
「お前たらこだなぁ、たらことか一番嫌いな食べ物だわ(笑)」
これが口癖です
そして修学旅行の日 まさか奴と同じ部屋になるとわ
そして寝る前に僕は乾燥しないようにリップを塗る、
すると奴は「よりたらこだな」
と言ってきましたが僕は気にせず寝ました。
そしてふと目が覚めたとき暗い部屋の中で物音が聞こえました。
奴は何かを探している...どうやら携帯を探していたみたいだ。
そして携帯を見つけるとライトをつけこちらに近寄ってくる...
不審に思いながらも寝たふりしていた。
すると!
「プリっプリだなぁこいつの唇。」
と言うと指で唇をさわってきました
「リップのべたっとした感じと厚み..ヤバい、柔らかっ」
そして僕の唇を携帯で撮りました。そのあと...


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りー
りー
唇好き