プリ小説

第26話

頑張る。
シュガ)あなたおせぇーな、
ジミン)あなたの事心配ですね
ジン兄)連絡してみよーか?、
シュガ)いや、ヘタに心配して連絡したところで、アイツにとっては迷惑だろ、
ジン兄)とにかく、待とう。今は…
ジミン)俺、ちょっとテテと話してきますね。
コンコン🚪
ジミン)テテー?入るよ??
テテ)シーン…
ジミン)はぁ、(勝手に入る)なぁ、テテ。
テテ)おいっ、勝手に入んなよ。
ジミン)ノックしたのに、返事しないお前が悪い。てかさぁ、
テテ)なんだよ、
ジミン)なに、あなたの事避けてんの?あなた言ってたよ、テテとちゃんと話がしたいって。それに、グクからも、理由教えられて、謝られただろ。
テテ)お前に何が分かんだっ…
ジミン)分かる!、お前今の状態俺にとっては羨ましいよ。俺だってあなたの事好きなのに…でも、相手がテテだから応援しようって、それで今こーなってあなたの頭ん中お前ばっかで、会う度、テテで…
テテ)俺はっ!、あなたとは付き合わない方がいいんだよ、ジミンお前の方がお似合いだよ。だから、もう出ていってくれ(震えた声で)
ジミン)チッ何本当分かってねぇんだな、ボソッ
ジン兄)ジミン、何話したんだろ?
シュガ)親友として、今の状況を分からせたんだろ。
ガチャ🚪
あなた)ただいま…(家に帰りたくない。)
ジン兄)お、おかえり!遅かったね
あなた)え、ごめん。とりあえず、部屋行くね。迷惑かけてごめんなさい…
2階に上がる時グクと目が合う。
グク)お、おかえり。あなた
あなた)うん、ただいま。テテは?
グク)部屋だよ。
あなた)そっか、おやすみ。グク
あなたが自室に入る。
独り言↓
あなた)はぁ…なんなんだよ。こんなんじゃ、テテ避けてるみたいじゃん。好きなのに、テテ大好きなのに。。逃げてちゃダメだ。明日は、休みだしテテの部屋行ってでも謝ろう…





自然と、涙が落ちる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

마  나  키  무 .
마 나 키 무 .
『 방 탄 소 년 단 』ひ と す じ.🥀 ❣ 테 테 진 보 다 는 오 루 뻰 ❣ ポ プ テ テ 好 き で す 。 잘 부 탁 드 립 니 다. 韓 国 語 : 勉 強 中 LOVE YOUR SELF:東 京 ド ー ム ♥ : ⛅💫 こ め ん と・はーと ・お き に い り と て も 嬉 し い で す