無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の好きな人

こんにちわ!あなたです
私ね?好きな人がいるんです///
紹介しましょうか?
え〜っとね、あ!そこにいた

凛)あ、またみてるでしょ

貴)あ、凛ちゃん!

凛)話そらすな

貴)えへ♡

凛)あいつのどこがいいわけ?

貴)そりゃ...

凛)ん?

貴)全部!

凛)はぁ...

貴)えへへ

凛)私にはアイツの
いい所、わかんないな〜

貴)も〜!凛ちゃん?
アイツアイツ言わないの!
素敵な名前があるんだから!

凛)はいはい、え〜っと?
モテモテクズ男?

貴)ちょ!

??)ちょ、それはひどない?ww

貴)あ、望くん!

望)あなたおはよニコッ

凛)正しいでしょ?

望)流星はイイヤツやで?

貴)そうだよ!

凛)あ、藤川だ

貴)え?

流)望おはよ

望)お!流星おはよ〜!

貴)ふ、藤川くん、!

流)...

好きな人は藤川流星くん!
まぁ見ての通り、ダメなんですけど、
望くんと凛ちゃんは私の
幼なじみなんです!
あと望くんは藤川くんの親友
なんだよ!

貴)はぁ、

凛)なんかムカつく

貴)凛ちゃん!

望)ふふwww

貴)告白してみようかな、

凛)え!

望)まじ?

貴)うん!
望くん頼み事してもいい?

望)ええけど、

ー放課後ー

凛)ホントに告白するの?

望)まだ間に合うで?

貴)大丈夫!ふられるから!
後悔したくないしね!

凛)はぁ、わかったよ

望)え!凛、ええの?

凛)こうなったら
うちらでも止められないでしょ?

望)まぁそうやけど...

凛)じゃあ私達はあなたの
家で待ってるから
頑張ってこい!

トンッ

凛ちゃんは私の背中を
押してくれた

貴)ありがとう!!