無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私の秘密
ーカフェー

望)流星、!

流)どうしたん

望)あなたの事やねんけど、

流)なに?好きな人と
喧嘩でもしたん?

望)好きな人?なんの事?

流)あなたは俺以外に
好きな人が出来たから別れたんやろ

望)そう言ったんか...

流)どういう事

望)あなた、好きな人おらんで
まぁいるようなもんか

流)は?何言うとるん

望)あなたの家の事、
知らんかったよな?

流)おん

あなたは家族の事を
聞くといつもはぐらかされてて
何も知らなかった

望)あなたな、

ガタンッ

俺は望の話を聞いて
いてもたってもいられなくなり
走り出した

ー貴方sideー

父)いよいよだな

貴)はい、

父)相手の方に
無礼のないようにな

貴)はい、

コンコンッ

今日は、最悪の日...
私が藤川くんと別れなきゃ
いけない理由の日

・・・・・・・・

貴)こんにちわ、お父様

父)) 彼氏が出来たんだってな

貴)ッ、なんでそれを、

父)) 風の噂だよ

貴)それで、なにを

父)) 別れなさい

貴)ッッ...でも、!

父)) 見合いが決まった
もう日日も決まっている
だから、今すぐ彼氏とは
別れなさい

貴)ッ...わかりました

ピッ

・・・・・・・・