無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

お見合い2
バンッ

??)そんなの許さない!

ドアが勢いよく開き
そこに立っていたのは

貴)藤川くん、、!

悠)由美、!

由)悠くん!やっぱり嫌だよ、
智くんじゃないと、(泣)

悠)由美...ごめんな、
俺やって由美やないと嫌や、

貴)悠太さん

由)梶田さんですよね、?
悠くんを、悠くんを
私から取らないでください!(泣)

由美ちゃんという悠太さん
の彼女さんは私の元に
走ってくると泣きながら
訴えた

貴)由美、さん?

由)はい、

貴)私、悠太さんとは
ただのお友達、なの

悠)あなたちゃん、

由)ホント、ですか?

貴)うん!悠太さん
彼女を幸せにしてあげてくださいね

悠)あなたちゃん、ありがとな

貴)今度はただのお友達
として会いましょうね

悠)うん!じゃあね

2人が出ていき
部屋には私と藤川くんだけになる

貴)藤川くん、なんで来たの?
私達もう、別れたでしょ、?

自分で言ってることなのに
胸が張り裂けそうな程
辛い言葉に思える

流)俺は、別れたつもりないで

貴)え、?

流)望から全部聞いたで