無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

君が好き
ー流星sideー

望)あなたな、お見合いするんだ

流)は、?

望)中学卒業の頃
あなたのお父さんが
高校生になったらお見合いを
するって決めたんだ
やから、彼氏も作ったらあかん
って言われててん、やけど
高校入ってあなたは流星に
一目惚れしちゃったんよ

流)...、

望)ダメやと思って
告白したけど流星がOKしたやろ?
やから、あなたビックリしてて
すっごい嬉しそうやった
付き合ってる時も幸せそうやった
2人が付き合って3ヶ月くらい
たった頃、お父さんが
お見合いする事になったから
彼氏とは今すぐ別れろって
言ってきて

流)それで、俺はふられた
って事か、?

望)別れてから
あなた、笑わなくなってん
夜も泣いてたみたいやし、
なぁ、まだ好きなんだよな?

流)...あぁ、

望)やったら、あなたの事
迎えに行ってくれ

流)どういう事だよ

望)今日がそのお見合いの日、
場所はここやから

住所が書いてある紙を差し出す

望)あなたの事まだ好きで
幸せにしてくれるんなら
ここに行け、無理なら
俺が行く

流)は、?

望)俺やて、好きなんやで?
ええんか?

ガタンッ

流)俺が行く、あなたを
幸せにすんのは俺や

望)そう言うと思ったわ
流星に勝てるわけないの
わかってたからなwww
ほら、はよ行け

流)望、ありがとな

望)おう

・・・・・・・・
ー貴方sideー

貴)望くん、

流)まだ、俺の事が好き?

貴)好きだよ...?(泣)
大好きだよ、!
別れたくなかった(泣)
でも、お父様の言う事ら
絶対だから...(泣)

チュッ

貴)え、?

突然のキスに動揺していると
藤川くんは真剣な目をして

流)梶田あなたさん
結婚を前提に...俺と付き合ってください

貴)...お願いします(泣)

ギュッ

流)もう2度と離さへんからな

貴)うん、!ニコッ

私達、きっと誰よりも
幸せになれるよね?