無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

この世界とぼく。
この世界はぼくにとって、あまりにも広すぎた。
綺麗すぎた。優しすぎた。明るすぎた。
嗚呼、息苦しい。
どんどん取り残されていく。