無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

人形みたい。
ぼくは何も見てません。というか見てません。
ぼくは何も口出ししません。というか喋りません。
ぼくは抗ったりなんてしません。というか出来ません。

嫌われないように慎重に生きてきた。
でもそれは間違いだったみたい。

それじゃあまるで"人形み"たい。