無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

シェアハウス
1,255
2017/11/05 09:16



次の日私はいつも通り事務所に向かい個室で
自主練していた





ふと、昨日の出来事を思い出すと
感情のアップダウンが激しい1日だったw






まさか、家が近所だとは思わなかったなぁ‪‪
考えるだけで少しにやけてしまう( ¯﹀¯ )






そろそろ帰ろうかなーっと思った時





コンコン





とドアの叩く音がした


下野
下野
おっ!やっぱりいた!今帰り?
あなた

はい、今から帰ります!

下野
下野
ちょうど良かった、俺も今アフレコ
終わって帰りなんだ!一緒に帰ろ!
あなた

あ、はい!

〜帰り道〜



外に出ると冷たい風に吹かれ落ち葉が
私の足をかすめた



もう、この声優界に入って1年か...



そんなことを思いながら私は
白いマフラーを首に巻いた



下野
下野
あっそうだ!
あなたさ、明日空いてる?
あなた

え!?あ、空いてますよ
いつも暇なんで…w

下野
下野
じゃぁ、シェアハウス遊びにこねー?
みんな喜ぶと思うよ!
あなた

え!!??いいんですか?

下野
下野
おう!皆にあなたの事話したら
いつでも大歓迎だって!
あなた

ありがとうございます!!🙇🙇

下野
下野
んじゃぁ、決定な!
明日11時に迎えに行くわ👍
あなた

分かりました!
よろしくお願いします






本当に行くことになっちゃった…
これって、ヤバくない!?やばいよ!
先輩いや、憧れの人達に会えるんだよ!





でもこんな、私が会っていいんですか…?