無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

お邪魔してます
1,125
2018/01/04 08:20


私達は時間を忘れるぐらい
たくさんの話をした



カーテンの隙間から窓の外を見ると
もう、真っ赤な太陽が沈み掛けていた


あなた

あっ、じゃぁ私はこの辺で...





私がそう言いかけた時、





ガチャッ





玄関のドアが開く音がした






誰だろうと思いまたもや
緊張と理解不能な焦りを感じ
とっさに、マモちゃんの背後に隠れた




もう本当に心臓が持たないよ...(T^T)

宮野
宮野
ちょっwどしたの?w
??
ただいまっ!
ケーキ買ってきたよん♪
??
まだ、あなたちゃんいますか??


そう言ってリビングに入ってきたのは







森久保さんと蒼井さんでした(^ω^;);)





完全にマモちゃんの所から
出るすきを失った私に
蒼井
蒼井
あ、あなたちゃんみーつけたっ
宮野さん大きくて見えなかったw






いつもの可愛い透き通った声で
そう言いながら私の顔を除いてきた



あなた

見つかっちゃいました‪‪w‪‪( ̄▽ ̄;)‬
お邪魔してます🙇

森久保
森久保
なんで、マモの後ろに隠れたのw
宮野
宮野
あなたちゃんは俺の背中を選んだのさっ
森久保
森久保
はいはい。ケーキ買ってきたから
みんな選んでいいよ!
鈴木
鈴木
選ぼうぜー
あなた

可愛い✨ありがとうございます!

下野
下野
おっ、うまそー✨
梶
どれがいいかなぁ😋
蒼井
蒼井
ショートケーキは僕のですよ!
宮野
宮野
ちょっつ、皆冷たくない⤴︎ !