無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

迷い2
1,079
2018/02/24 14:07
あれから1週間私は事務所に
行かなかった


もう1度机にあった応募用紙を
手に取り眺める



もう、私なんてダメだんだ...




そう思うと私は、紙をぐちゃぐちゃにして
ゴミ箱の前まで行った



でも、応募用紙を捨てることは
できなかった



私は無造作にポケットに突っ込んだ




なにかすることもなく、ずっと家にいるのも
退屈になり、近くの公園に行くことにした




公園に着き私はブランコに座る


ブランコなんて何年ぶりだろ...w



私は何気なく、ポケットに無理やり入れた
応募用紙を広げた



今まで受けたオーディションの記憶が
フラッシュバックする...



私は青い空を見上げながら大きく
ブランコをこいだ




すると、