無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
44
2017/10/25

第1話

桜咲く
今日から大学生になる

制服も校則も何もかもが違って新鮮ではあるけど、不安もいっぱいだ


(友達できるかな…)


高校の友達とは大学の方面が違ってしまい、この大学にきたのは私だけで高校の友達は誰もいない

ということは、また何もかもが最初からのスタートだ


入学式の会場につき、着慣れないスーツに身を包みながら指定の椅子に座る


(そういえば入学式が終わったらサークルの説明会だったかな…ちょっと案内の紙見とこ)

入り口でもらった紙を見ていた時、
瀧本舞衣
ねえねえ!何かサークル入るの??
坂本藍
えっと…まだ決めてなくて、とりあえず見てみようかなって
瀧本舞衣
ほんと!?じゃあさ、こうして入学式で席も隣りになった訳だし、一緒に行かない??
坂本藍
うん!私なんかで良かったら!
瀧本舞衣
やった〜!私、瀧本舞衣っていうの!よろしくね!
坂本藍
私は坂本藍、よろしくね!
お互い音楽好きな所を知って意気投合

入学式でまさかこんなに仲良くなれる友達ができるとは思わなかったな

舞衣はロングヘアーの似合う美人さんで、他大学に彼氏がいるみたい


(まあこんな美人誰もほっとかないよね)


瀧本舞衣
藍はどこのサークル気になるとかある?
坂本藍
私はやっぱり軽音サークル見てみたいかなって
瀧本舞衣
だよね!私も!入学式終わったら見に行かない??
坂本藍
うん、行こう!
入学式も早々に終わり舞衣と会場から出てみると、会場の前はサークルの勧誘で人がいっぱいだった



瀧本舞衣
うわあ!人いっぱい!
坂本藍
歩くの大変そうだね…
目的の軽音サークルに行くため歩いていると
あなた

ねーねー、君たち可愛いね??俺らのサークル入らない??

突然肩を叩かれてサークル勧誘に引っかかってしまった
瀧本舞衣
私たち軽音サークルに行きたいので遠慮します!
坂本藍
そういう事なので手を離してもらえませんか?
あなた

えー?俺らのとこの方が楽しいよ?とりあえずこっちおいでって!

(もう何?手離してよ…誰か助けて…!)
その時いきなり誰かに腕を引かれて抱きとめられた
金谷翔
何してんだよ、嫌がってんだろ
反射的に閉じていた目を開けて上を見ると、黒髪の男の人に抱き締められているような形になっていた
あなた

ただサークルの勧誘してただけだけど?お前らなんなの?

勧誘してきた人がつっかかってきた時、黒髪の人の後ろから茶髪の男の人がでてきて
立原優
ほら女の子怖がってるから〜
この人キレるとめんどくさいからはやくどっか行った方がいいよ?
勧誘してきた人は舌打ちをしながらどこかへ行ってしまった

(助かった…)

金谷翔
大丈夫?
坂本藍
助かりました、ありがとうございます…
瀧本舞衣
藍、大丈夫!?
坂本藍
うん!
立原優
無事で良かったよ
立原優
サークル勧誘すごいから、行きたいところあったら僕ら送って行くよ?
瀧本舞衣
ほんとですか!?
坂本藍
じゃあ…お言葉に甘えさせてもらいます…
金谷翔
女の子2人じゃ危ないからね
立原優
それでどこ行きたいの?
坂本藍
軽音サークルです
金谷翔
え?軽音?俺たち軽音サークルだけど?
瀧本舞衣
え!?
立原優
びっくりだね(笑)
まさか助けてもらった人が目的の軽音サークルの先輩だったなんて…


サークルの部屋に行くまでにみんなで自己紹介をすることにした
立原優
僕は立原優!大学2年でギターやってるよ!
よろしくね!
瀧本舞衣
私は瀧本舞衣です!楽器はドラムやってたのでサークルでもやりたいなって思います!
坂本藍
私は坂本藍です。ベースとキーボードをやっていたので大学でもできたらなと思います。
金谷翔
俺は金谷翔。担当はギターボーカルだけどベースもできるよ
(金谷…翔…先輩)

あれ?

立原優
みんな楽器被りあんまりないからバンド組めるじゃん!
瀧本舞衣
ほんとですね!!組みませんか!?
坂本藍
え?はやくない?
金谷翔
いいじゃん、やろうよ
2人ともサークル入るでしょ?
立原優
こんな運命そうそうないって!
瀧本舞衣
私入る!藍は??
坂本藍
私は…
金谷翔
藍ちゃん入んないの?
坂本藍
……入ります
立原優
やった〜!
瀧本舞衣
藍ありがとう!!
入るか迷ってたけど、なぜか先輩に言われたら断れなかった…というか入りたいと思ってしまった…


(なんでだろ?)