プリ小説

第3話

3 ,
【あなたside】

山田 「やっと起きたのか」

山田と名乗る男の人が近付いてくる

ちょっと怖い 。


山田 「ちょ、なんでビビってんだよ。」

知念 「きっと涼介が怖いんだよ。ごめんね?目つき悪くって(笑)」

山田 「うるせ。」


ん ? 山田涼介って、、


あなた 「 …! 涼介って、あの涼介!?」


嘘 、ちっちゃい頃はもっと可愛くて私より背低かったのに。




山田 「お前、今頃かよ 。」



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

a .
a .
# JUMPで妄想 .. ⸜♡⸝ 妄想してます *ˊᵕˋ* R-18多めかな ,🌷 🌀 苦手な方は避けるように ..