無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3 ,
【あなたside】

山田 「やっと起きたのか」

山田と名乗る男の人が近付いてくる

ちょっと怖い 。


山田 「ちょ、なんでビビってんだよ。」

知念 「きっと涼介が怖いんだよ。ごめんね?目つき悪くって(笑)」

山田 「うるせ。」


ん ? 山田涼介って、、


あなた 「 …! 涼介って、あの涼介!?」


嘘 、ちっちゃい頃はもっと可愛くて私より背低かったのに。




山田 「お前、今頃かよ 。」