無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

岩ちゃんの家
岩ちゃんの家に着いた!

それは、立派な家だった。まるでお城みたいだった。
家に入ってみると、メイドがお出迎え。
あなた

💥Σ(°д°ノ)ノ うわっ

メイド
おかえりなさいませ。お坊っちゃん、姫。
岩田剛典
岩田剛典
ああー、ただいま。
あなた

姫???

あなた

姫って誰のこと???

岩田剛典
岩田剛典
あなただよ
あなた

えっ!?私!?

岩田剛典
岩田剛典
うん
岩田剛典
岩田剛典
まあー、とりあえず着替えさせて
メイド
かしこまりました。
メイド
さぁ、行きましょう!姫
あなた

あっ、は..いっ

20分後
岩ちゃんが通っていると思われる制服に着替えさせられて岩ちゃんと同じ髪型「カツラをかぶっただけ」にさせられた
岩田剛典
岩田剛典
おおおおおお
岩田剛典
岩田剛典
上出来!!
あなた

これどういうこと?

岩田剛典
岩田剛典
これからあなたは、今僕が通っている高校にいつも通り登校しないといけないからねー
あなた

私が今通っている高校は、どうなるの?

岩田剛典
岩田剛典
それは、大丈夫☺
校長先生と話ついてるから
岩田剛典
岩田剛典
あと、あなたは今日からここで暮らして
あなた

えっ!?今日!?

岩田剛典
岩田剛典
そう、今日
岩田剛典
岩田剛典
暮らしてけば、なれるよっ!
あなた

岩ちゃんも?

岩田剛典
岩田剛典
僕は、違う
あなたが暮らしていたマンションの隣の部屋空いてたから、これからそこで暮らす
あなた

そっかあ

岩田剛典
岩田剛典
不安?
あなた

ちょっとね

岩田剛典
岩田剛典
まあー、大丈夫☺
僕のメイドに任せれば
あなた

は..い