無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

118
2021/05/05

第7話

テヒョンside3



あなたさんは違った。


少し、いや、とても変わっていると思う。

こんなに陰キャで地味な僕に話しかけてくれる。

すごく素敵な笑顔で話しかけてきてくれる。


それはただ隣の席だからかもしれないけど…。


でも、僕は、

可愛くて、優しくて、笑顔が素敵なあなたさんに、














恋をしている。




これが僕の、、、、初恋だった、、、、