無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2021/05/05

第15話

放課後…


女子1「あなたさん、、だよね?」

You
You
そうですけど…

女子1「話したいことがあるんだけど。
来て。」



私は察した。
絶対裏に呼び出されて叩かれるやつ。
はぁ、今頃テヒョン君は帰ってるかな。



ついて行った先はやはり体育館裏。


You
You
あのー、、お話とは?
女子1
女子1
あんたさぁ、目障りなんだけど😠
You
You
えっ?
女子1
女子1
知らないフリしてんじゃねーよ!
女子1
女子1
テヒョンのとこに行く度にテヒョンは
あなたさん、あなたさんって。
お前ばっか。
You
You
そんなつもりは……
女子1
女子1
ないって言うの?
じゃぁいつもあんたのとこに行くのはなんで?


パチーン💥💥



そのとたん、
ほっぺたに思いっきりビンタをされた。



You
You
っ………



もう、いいや。と思い目をつぶった。

だけど、

You
You
(、、、、あれ?痛くない、、)


目を開くとそこには
見覚えのある背中があった。


女子1
女子1
テヒョン君!❤
テヒョン
テヒョン
何してんの?
女子1
女子1
あの…えっと…
テヒョン君のこと聞こうと…
テヒョン
テヒョン
嘘つくな。
お前さぁ、なんか勘違いしてるよな。



いつも見るテヒョン君とは全く違かった。
怖い……
女子1
女子1
…えっ?
テヒョン
テヒョン
あなたさんは見た目で省いたり
いじめたりしなかった。
お前みたいに顔だけで簡単に寄ってきて
人に暴力するやつなんか相手にするかよ。

二度とあなたさんに近づくな。
女子1
女子1
っ……!



そう言って去っていった。



安心したからか、
全身の力が抜け地面に膝をついてしまった。