無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第30話

嫌い!嫌い!!嫌い!!!
52
2019/08/05 11:25


海斗が……?茉莉と……?


え……?

私は呆然と立ちすくんだ。


------✂︎キリトリセン ✂︎-----


あー……田宮に怒られに行くとか。

マジでやだなー



高宮 瞬斗
さーせん!
高宮 瞬斗
高宮でーっす!!
田宮先生
お前!なんだ、その軽々しい口調は。
高宮 瞬斗
じゃあ逆に重々しい口調ってなんだよ!
田宮先生
職員室に向かってさーせん!は、無いだろう。
高宮 瞬斗
いーや、ありますね。
俺は俺なりの言語があるので。
田宮先生
ったく!お前はどこまで生意気なんだ!
高宮 瞬斗
じゃ、俺教室戻りまーす


先生は諦め、追ってこなかった


いいや、逃げ足が早すぎる俺に勝てないと思ったのだろう(ドヤ)


------✂︎キリトリセン ✂︎-----


あなた

なんで…………?

あなた

まさか本当に来てないの……

あなた

来てないよね……

あなた

頭おかしくなる……。



その時、私の携帯がなった。
あなた

海斗……!

水落 海斗
「遅刻していくから、安心して。」
あなた

「信じてるからね。気をつけてね、
あと、朝ごめんなさい。」

水落 海斗
「気にすんな!」
 

と、そんな幸せなラインを交したあと、

茉莉の更新されたプロフィールを見てみた。





ステメがえぐかった。




三日月 茉莉
「〇〇くんにギュッてされたァ!嬉しすぎる!きっとあのクズ女を諦めたんだ。私の方が可愛いことに今更気づくなんて……
〇〇くんも鈍感!だけどそこも好きよ💓💓💓💓
いつ、私をだいてくれるかなぁ?😆💗💗」
あなた

はぁ?私のものなんだけど。

高宮 瞬斗
何がー?
あなた

うわっ!お前怒られてきた?

高宮 瞬斗
いーや。田宮ちゃん逃げた俺捕まえに来なかったー笑笑
あなた

マジかwww

高宮 瞬斗
まぁ?俺はァ?逃げ足最速記録じゅそ…じゅじょ…………受賞者ですからァ??ww
あなた

カミカミじゃねーかwww

高宮 瞬斗
うるせえぇぇぇい!
高宮 瞬斗
つか、あれみろよ。水落学校きたよ
あなた

え?!

高宮 瞬斗
なんでそんな嬉しそうなんだよ。
あなた

だって!!私の彼…………、、、、

高宮 瞬斗
マジ、やめとけよ。
あなた

え?

高宮 瞬斗
だから、あいつにならお前、簡単に裏切られるよ。
高宮 瞬斗
お前が、あいつのこと信じてるから、
その………。裏切られた時に悲しいよ、
高宮 瞬斗
だいたいあいつのこと、よく知ってんのかよ!
あなた

何…なんなのお前。

あなた

お前に関係ないじゃん!
私の事だってなんにもわかってないくせに首突っ込んでこないでよね!

高宮 瞬斗
…………。
あなた

図星じゃん。分かりもしないこと言わないでよ。

あなた

瞬斗嫌い!嫌い!嫌い!嫌い!!!

高宮 瞬斗
俺だって…………!!


もう……やだ






私は1人廊下の隅で泣いていた。





水落 海斗
あなた!!
あなた

……?




海斗……!!!