無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

諦めるなんてできません
56
2018/03/27 07:43
もう、水曜日には海斗に打ち明けよう。






そう決意した。



と、チャイムがなった。
あなた

…、

1人俯き教室へ戻る。
三日月 茉莉
あなた!どこいってたの!HR始まるよ!
あなた

う、うん!

とても私の悪口を言っていた人とは思えない。



茉莉にせかされ、私は急いで席につく。




と、同時に1番に海斗と目が合ってしまった。
あなた

っ……!





この教室で怯えながら1日過ごすのは





嫌だ…!!

































................................放課後......................

三日月 茉莉
結涼りーん!!一緒に帰ろ!
橋本 結涼
まーちゃん!帰ろう!😊





茉莉は今日は結涼ちゃんと帰るのか。



私一人で帰るのか〜。






水落 海斗
あなた、一緒に帰る?
あなた

えっ!?、だ、大丈夫!

水落 海斗
何、大丈夫って。
あなた

え、えっと…今日は!ほら!急いでるから!

水落 海斗
どうしても話したいことがあるんだけど、それでもダメ?





困るから……!




茉莉いるから…。




私は今、茉莉がどんな表情をしているか、少し茉莉の方をチラ見した。



茉莉はまだ教室にいて



結涼ちゃんと話していた。
あなた

バイバイ…!今日はもう帰るから!




もう嫌。








嫌。










私は一目散に廊下を駆け抜けた。








1人になれるところを






目指して
あなた

はぁ…はぁ………




疲れた。





水落 海斗
俺、分かっちゃった。
あなた

っ!/////






海斗……だ……。






私今、海斗に…




ギュッてされてる…/////











誰に触れられるよりも






きっと、





きっとドキドキする。












やっぱり海斗のこと、



諦めるなんて











出来ない!!
あなた

何を……//

水落 海斗
何でしょ?




意地悪




教えてよ…
あなた

茉莉…?





しかないよね…
海斗が頷く。
あなた

ありがとう…!
帰ろう…、




ここなら誰もいないし、



一緒に帰っても……
水落 海斗
わかった






私たちは一緒に帰った。






帰り道の途中、海斗が家を教えてくれた。






結構寄り道もしちゃったし笑
水落 海斗
ごめん、ついつい楽しくて笑
ごめんな、暗くなっちゃった、
あなた

そんな謝らないでよ!
私も…楽しかったし😊

水落 海斗
明日だよね、あ、
あなた

どしたの?

水落 海斗
泊まってく?笑



えっ!?今………