無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

好きな物
61
2018/03/28 23:54
水落 海斗
止まってく?笑


えっ…今、
あなた

え!?、あ、いや、それは…

水落 海斗
嫌ならいいんだけどさ。
あなた

服とか…ないし!?泊まれないよ!?



やば、今めちゃめちゃ動揺してるよね!?
水落 海斗
嫌か。服なら姉のが少々あるけど…
あなた

/////、

水落 海斗
俺的には…泊まってほしーな…?



そんな、そんな目で見ないでよ?、






手なんか握っちゃってさ、







断りにくいじゃん?
あなた

わっ………わかったよ

水落 海斗
ほんと!?
あなた

本当!




緊張するけど………
水落 海斗
じゃ戻ろ


海斗は通り過ぎてしまった家まで私の手を引いて行く。
あなた

////////

















家…
水落 海斗
はい、入っていーよ
あなた

あ、うん!お、お邪魔しまぁす…





わあ。部屋綺麗……



アパートなのに広い………




とても私の家とは比べ物にならない!







几帳面なのかな、海斗って。
水落 海斗
おい?何ボケーってしてんの?
あなた

はっ!!




ついつい見とれて玄関に立ちすくむ私の肩を、海斗が優しく叩いた。
あなた

ご、ごめん笑

水落 海斗
ううん、いいよ笑




私は海斗の家に上がった。
あなた

家…綺麗だねー!

水落 海斗
あー、明日のために片そうと思ってたけどさ、まだやってないんだよな。
あなた

え!?これでまだ片付けしてないと!?
充分綺麗だよ?

水落 海斗
そう…//ならいいけど、
あなた

うん!







一瞬照れてたような?




まーいいや





水落 海斗
あ、俺!飲み物とってくる
あなた

ありがとう!気使わなくていーからね!

水落 海斗
夜になったら気なんて使わねーよ。




なんで夜なの?



まーいいけど
あなた

そっか!




その時の私には、意味がわからなかったみたい。
水落 海斗
はい、紅茶、飲める?
あなた

飲める!

水落 海斗
そう、良かった!
ももかレモンか、どっちがいい?風味があるらしいけど、
あなた

うーん、じゃあももで!

水落 海斗
ももね、あれ…どっちかわかんなくなっちゃった笑
あなた

え!笑





意外とドジなの?笑





でもそっか、紅茶って味違っても色一緒だもんね、
あなた

あ!でも、匂いでわかるんじゃない!?

水落 海斗
そうか!
水落 海斗
こっちがももっぽい笑笑
違かったらごめん
あなた

平気だよ!どっちも好きだし






私たちは紅茶を飲みながらお話した。
水落 海斗
あなた、あなたって、好きな物とかあるの?
あなた

私?うーん、お絵描き好きなんだよね😊
この世で1番!!好き!

水落 海斗
この世で1番?そこまで好きなの?笑
あなた

うん!あ………
じゃあ海斗の好きな物は?






何好きなんだろう?





手軽なものだったらプレゼントしようかなぁ






水落 海斗
俺はー、ゲームかな、
でも、ゲームはこの世で2番目かな……



2番目…







あなた

1番は何??
私も1番教えたからね

水落 海斗
1番は…








1番は…!!?







水落 海斗
あなただよ//
あなた

ちょ…///照れるんですけど///












そういうこと言うところ









本当……