無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

知ってる?
キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン
先生
先生
これで、授業が終わりだ。
お前ら覚えとけよ。テストに出るからな。
クラス中から「えー」と言う声が響く。
???
ふふふ
何だろう。佐々木鎖那は、誰かに見られている気がする。
多々良麗美
多々良麗美
てかさ、さな。翔太から何の話だったの?
佐々木鎖那
佐々木鎖那
ひーみーつー。
多々良麗美
多々良麗美
えー!何よー!あ、わかった!告白されたとか?
ニヤニヤ
佐々木鎖那
佐々木鎖那
ち、違うし!
多々良麗美
多々良麗美
絶対そうだー!
佐々木鎖那
佐々木鎖那
そうですよー告白されましたよーだ
多々良麗美
多々良麗美
やっぱりぃー
佐々木鎖那と多々良麗美は、クスクスッと笑いながら、喋り続けた。
いちご
いちご
何の話ししてるのー?
かな
かな
わたしも聞きたいな。
れいか
れいか
あたしもぉ〜
多々良麗美
多々良麗美
さなが、翔太から告白されたんだってぇ
いちご
いちご
ええw
佐々木鎖那
佐々木鎖那
ちょ勝手に広めないでよ
多々良麗美
多々良麗美
笑笑ごめんって笑笑
かな
かな
そうなんだぁ。
知ってる?
佐々木鎖那
佐々木鎖那
何が?
多々良麗美
多々良麗美
何が?
いちご
いちご
何が?
れいか
れいか
何が?
綾瀬奏太
綾瀬奏太
僕にも聞かせてください。
と、綾瀬奏太が話を聞きにきた。
かな
かな
この学校の都市伝説なんだけどね。
夜の12時頃に、この学校にくると、天使と名乗る女の子が後ろから肩をトントンっと叩いて、「かくれんぼしない?」って言ってくるの。そして、「うん。」と言ったら知らない学校に飛ばされるの。そして、こわいひとっていう人が、隠れた人を探すんだって。
その天使を名乗る人は、こわいひとから見つからせないために、隠れる人を、誘導してあげるんだって。
天使を名乗る人は、決して悪さをしないみたい。
佐々木鎖那
佐々木鎖那
へ、へぇ
佐々木鎖那は、怖そうに言った。
高井翔太
高井翔太
ふむふむ。
高井翔太が、佐々木鎖那の背中越しでそう言った。
高井翔太も聞いてたみたいだ。
多々良麗美
多々良麗美
へえ。なんか面白そう!
多々良麗美
多々良麗美
うち達もやって見ない?
綾瀬奏太
綾瀬奏太
そうですね。そんな人など存在しませんよ。
高井翔太
高井翔太
俺もやってみてぇ!
さないいよな?
いちご
いちご
うちもやりたい!
かな
かな
あたしもやりたかったんだよね。
れいか
れいか
うちもー!
佐々木鎖那
佐々木鎖那
み、みんなが言うなら...
多々良麗美
多々良麗美
じゃ、賛成ね!
みんなうちんちにきて、準備してから行こ!
みんな、一斉に「はーい」と言った。