無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

嘘…
ガラガラガラ… 
保健室のドアが開いた。
みんなの心臓は、ドキドキしている。
こわいひとは、綾瀬奏太が隠れている、ロッカーまで向かった。
こわいひと
こわいひと
みい…つけ…た…
そして、こわいひとは、ロッカーの扉は、ギィィィと開けた。
綾瀬奏太
綾瀬奏太
う、うわぁ!
その瞬間ー
グサリ
プシューと綾瀬奏太のお腹から、血が吹き出した。
綾瀬奏太
綾瀬奏太
う、うああぁ…
その時だ
れいか
れいか
そうた君っっっ!
れいかがベッドの下から出て来て、綾瀬奏太の所へ行ってしまったのだ。
いちご
いちご
(れいか!?)
こわいひと
こわいひと
ふたりめ…
グサリ
れいか
れいか
うああああ!いだいょぉおおおおお!
ダズゲデェェェェェ!
こわいひと
こわいひと
ククククククク
れいか
れいか
カハッカハッ
ばたりとれいかは倒れてしまった。
そして、こわいひとは、保健室から出て行ってしまった。
いちご
いちご
そうたくん、れいか。ごめんね…。
その時、シャワー室に隠れていた、高井翔太が駆けつけて来た。
高井翔太
高井翔太
大丈夫か?!
高井翔太
高井翔太
…。
高井翔太
高井翔太
そうか…。
そうたと、れいかがやられちまったか…。
くそッ!こわいひとめっ!
その時いちごが泣き出した。
いちご
いちご
うわぁぁぁん!
おうぢに帰りたいヨォォォ!
高井翔太
高井翔太
大丈夫だ。
きっと帰れるぜ。
今頃、さなたちは、何してるだろうか…。
いちご
いちご
ヒック。ヒック。
そうだよね。帰れるよね!
早く、さなたちと合流しよう!
高井翔太
高井翔太
そうだな!
その頃、佐々木鎖那たちは…
天使(?)
天使(?)
君たちには、残念な話かもしれないけど、綾瀬奏太君と、れいかちゃんが死んじゃったよ。
佐々木鎖那
佐々木鎖那
えっ!?
多々良麗美
多々良麗美
え…!?
かな
かな
そう…
佐々木鎖那
佐々木鎖那
嘘…でしょ?