無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

勘違いと諦めの一歩
叶:……ん

あ、そういえば

一緒に行かないんだっけ

昨日決めたんだった……

叶:ちょっと登らなきゃ…、流風がいるかも

この坂も悲しい

いつも、走って…

流風:叶ちゃーん!!

叶:流風…、と

春夏:篠崎 春夏 (しのざき はるか)です

叶:よろしく ((ニコッ

いい子そう…

叶:中原 叶っていいます、叶とか、なんでもいいから、呼んでね

春夏:は、はい!! わ、私は叶ちゃんってよ、呼ぶね!
春夏とかなんでもいいよ!

ぎこちないな〜

叶:じゃあ、春夏ちゃんで

流風:二人ともー! 私もいるんだよ〜

叶:ごめん、ごめん、 ほーら行くよー

流風:はーい!

春夏:は…はい!!

この3人も楽しいかな〜


晶斗:ん…、いない………か。

怜:なにやってんの、晶斗

晶斗:うぉぉ!?!?…、ぁ、怜か

怜:俺が言った事、言ったんだ

晶斗:まーね

怜:ふ〜ん

このバカは正真正銘のバカだ

俺のこと信じやがって

晶斗:俺さ〜、今じゃ言わなくてもいいんじゃねぇかなって

怜:え…お前がねてたからだよ

晶斗:でもさ…なんか、夢の中で叶が好きだよって言ってる夢………、見たんだよな〜

怜:もしかしたら…現実かもな

まさ…かな

晶斗がこついうのは鈍いとおもってるけど…

お決まりの展開なのか…

晶斗:ないないっ!! 叶、そんな事言うやつじゃないだろ

怜:そうだと思う?

晶斗:え………


流風:今日はいないんですね

叶:ん?…あー、まさ?

流風:はい…。

叶:もう一緒に行かないの

流風:えぇ!?、そうなの?

春夏:え、えーっと…まさっていうのは…哀井さんですか?

叶:え、うん

流風:知ってるんだね、春ちゃん

春夏:うん…クラスの子が噂してたから

叶:噂…?

春夏:あ、えっと、うん!!
かっこいいよね〜とか!

叶:へ〜!

流風:あの人、モテるんですね


まさ……、モテ………るよね!!

そりゃあ、まさだもんね

勉強まぁまぁ、運動神経抜群

容姿かっこいい

勉強以外はいい男って感じか