プリ小説
一覧へ

第5話

嫉妬とは
叶:おはよ。

流風:おはよー!!!

男A:おはよ、中原さん…と麻巳耶

流風:な、何よ!! 私が来て悪かったですね!

叶:ねぇ…今日って体育、違う組と合同なの?

男A:あー、うん…

流風:ここって春ちゃんのとこ!……と哀井さんと秋原さん

叶:そ………

流風:叶ちゃん……

気まずいなー


怜:中原さん、今日の体育よろしくね

叶:秋川君…よろしく

怜:後さ、今日…体育祭に向けて、ダンスするんだって
だから、一緒にやらない?

叶:はぁ……

ダンスねぇ…踊りの方がまだ聞こえがいい

しかも、まさじゃないっていう…

怜:晶人は…違う人とやるみたい

叶:え…あ、そうなの?…別に

怜:だから、ね?

確信犯か

気持ちを知りながらも、私と踊る

意味がわからない

まぁ、片思いにはいい事か……な

叶:わかった、

流風:叶ちゃん、秋川さんとやるのー? 私どうしよ

怜:なら、晶人とやりなよ

流風:え"

え………

さっき、違う人とやるって言って

流風:まぁ、言ってきます

ちょっとどんよりした雰囲気で

流風はまさに近づいてった

叶:どういうこと

怜:ちょっとした、ジェラシーの塊を作ろうとしてるんだよ

叶:は?

秋川君はニヤついている

だけど、ちょっとピリついた雰囲気がただよった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

КОнАЯЧ
КОнАЯЧ
恋愛もの結構、てかめっさ好き、うん