無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

さくら
桜が私たちに微笑むある朝

その正門に私は足を踏み入れた。


松沢南高等学校、

県下有数の進学校。


ここに入るために頑張ってきたのだ

私は運良く合格を掴み取ることが出来た。


「 今度こそは …」


私の恋はここから始まる