無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

放課後
今日は始業式だから2時間授業、
コンクール前の吹奏楽部には
有難い長い練習時間だ。


花恋「あーぁ、結局おじちゃん先生のあとはおばちゃん先生って、ねぇ?」


クラリネットを持ちながら花恋は話す

あなた「まぁ、そうだね笑」

花恋「宿題多いしさー」

ぶつぶつ文句を言う花恋には悪いが

世に言うカッコイイ!なんて先生が

来る方が困る、そうでしょ?

花恋「ねぇ、あなた?おーい?」

あなた「ふぇ!?あ、なに?」

花恋「……あのさ、呼び出しは?」

あなた「……あっ、」


先輩に断ってから

私は音楽室を飛び出した。



恋まであと……100m。