無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

another

職員室のドアを静かに閉じて、


ひんやりとした廊下の空気を吸い込む




『wedded love』(夫婦愛)



この言葉は私の心に

深い傷を付けた



はぁ、なんで好きになっちゃったの?




ふらふらと廊下を歩いていると

花織が話しかけてきた

白石花織は今年になって仲良くなった

家庭科部の子だ



花織「ねぇねぇっ!あなたさ、迅くんのことどう思う!?」


あなた「……えっ?」



花織のテンションとの差に

多少思うところもあったが

会話を続ける



あなた「迅くんって秦本くんのこと?」


花織「そそっ!ねぇっ!かわいいと思わないっ!?」


あなた「……えっと、話したこと、ないからわかんないっ……かな」



秦本 迅、クラスでは

イケメンに入るかもしれない



花織「ん~っ、あぁ、まぁいいやっ!それでねっ、迅ちゃんがねあなたのことが好きっぽい?らしくてぇ」

あなた「……ほんとに言ってる?」



確かに一学期から

視線には気づいていた

でもそれを信じたくなくて……



花織「まぁ、迅ちゃんのこと考えてあげてっ!」



……最悪

花織の後ろ姿を見送りつつ

私の表情は歪んでいく





どうすればいいのかな……




もちろん先生との恋は

叶わないと思う。



でも秦本くんのことが

好きにはなれない。








ろうそくの炎のように

恋心は揺れ動く。