無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

Episode36(少し裕翔)
〜朝〜
あなた

ん…(目を開ける)

裕翔
おはよニコッ
あなた

おはよ///

裕翔
そんなに恥ずかしい?
あなた

そりゃ恥ずかしいよ///

裕翔
可愛い♡
あなた

か…可愛くなんかない!

裕翔
フフッ
動揺してる
あなた

そろそろ下に行こっか!

裕翔
もうちょっとだけ…
あなた

じゃあもうちょっとだけね!
(服を着る)

すると

コンコン(裕翔の部屋のドアが鳴る)
あなた

はーい

涼介
俺!
裕翔
涼介だよ
涼介
開けていい?
あなた

うん!
いいよ!

涼介
あなたおはよニコッ
あなた

おはよニコッ

裕翔
涼介おはよ
涼介
おはよ
俺今から仕事行ってくるね。
帰ってくるのは夜中だからご飯は作らなくていいよ!
あなた

オッケー‼
じゃあ仕事行ってらっしゃい
また明日の朝会おうね〜

裕翔
涼介行ってらっしゃい!
涼介
行ってきます!
そして涼介は裕翔の部屋を出て行って仕事に行った。
裕翔
そろそろ下に行こうか
あなた

そうだね〜

つづく