無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

259
2017/11/05

第8話

大輝と宏太
大輝
寮官さん優しいね、
と言うとあなたはまた泣いていた
あなた

ごめん...一人にさせて...

とあなたは言うと、どこかへ走って行った。
宏太
ただいまぁ~
大輝
あ、おかえり。あなた見なかった?
宏太
え、あなたどうしたの?
大輝は事情を知らせると
宏太
そうなんだ...一人にさせておいてあげよ。