無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

166
2017/11/17

第13話

宏太の優しさ
宏太
お帰りー
大輝
ただいまー
あなた

ただいまです...

あなた

では...

宏太
逃げんな
宏太
どうして勝手に逃げんだよ。
あなた

え...(泣)

宏太
お願いだから泣かないで
これから俺らがまもる
覚えといて
と言ってあなたの、頭を撫でていった。
大輝
こうやって宏太が心配するんだよ...
これからは気をつけてね?
あなた

うん...(号泣)

大輝
うんうん...
と言ってあなたは部屋に戻った。
あなた

どうしよう...
宏太のことが...
好きだ...

ーーーーーーーーーーーーーーーアトガキーーーーーーーーーーーーーーー
さぁ、今日はあなたが宏太のことが好きになっていってどうなるんでしょ...
大輝
どうなるんだろうね!
宏太
(※宏太は寝ています。)
さぁ、宏太はあなたの気持ちを知ることができるのか...
次回の更新をお楽しみにしていてください‼