無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

お引越し2
次の日(日曜日)

荷造りも終わったからと母にもう家を追出された((言い方
母
じゃあね!元気で!
か、軽い…この母親は娘が家を出るって言うのにそれだけ?
あなた

うん。お母さんも体に気をつけてね

とだけ伝え私は新しい家へと向かった


なんとか探し出して着くと
あなた

うわぁぁ✨めっちゃデカい

ほんとに大きくて家の前で固まってしまったあなた

我に返るとチャイムを押してみる
そう言われると門が空いていきドアからメイドさん?が出て来た。
あなた

あ、ありがとうございます

中に通されるとメイドさんがまずあなたの部屋を紹介してくれてそこに荷物を置くと他の部屋も案内してくれた
あなた

ありがとうございました!
あ、あの。メイドさんて名前なんていうんですか??

ナヒさん
ナヒと申します
あなた

ナヒさん!これからよろしくお願いします

ナヒさん
こちらこそよろしくお願いします
とナヒさんと別れ自分の部屋に戻ることに。
部屋に行っても暇だったから荷物を移すことに、
あなた

ここ部屋もおっきくて私の荷物ふつうに全部入っちゃうな

と。全部ほんとに入って(笑)部屋でゆくっりしようと思っていた時…
コンコン
あなた

はーい。どうぞ

ジフン
ジフン
おじゃまします
あなた

あっ!ジフンさん

ジフン
ジフン
今ちょっと大丈夫ですか??
自己紹介とかまだだったので
あなた

あ。はい!全然大丈夫ですっ!

うぅー緊張するよー

あれ?てかジフンさんていくつだったっけ。まぁ自己紹介してくれるんだからいっか笑笑